受給者からの情報・メッセージ


<受給者情報・メッセージ>


このページでは、これまで当財団の助成金を受けた方のその後の研究成果や受賞などについての情報を随時掲載していきます。受給者の皆様、各大学等の関係者の皆様からの情報をお待ちしております。情報は所定の様式により、メールでお寄せください。(詳細はこちら


2017. 8   運動失調症が引き起こされる新たなメカニズムを発見!

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 佐竹智子特任助教が、平成26年の研究助成を受けた研究に関係する研究成果を発表し、2017年、EMBOJに掲載されました!

 ◆ 平成26年度に助成を受けた研究課題 
  「小脳プルキンエ細胞の軸索起始部形成におけるMTCL1タンパク質の役割」

 ◆ 2017年に発表した論文タイトル    研究対象とした「プルキンエ細胞」
 MTCL1 plays an essential role in maintaining Purkinje neuron axon initial segment 
 ◆ 著者:Satake T, Yamashita K, Hayashi K, Miyatake S, Nakano M, Doi H, Furuta Y, Shioi G, Miura E, Takeo Y, Yoshida K, Yahikozawa H, Matsumoto N, Yuzaki M, Suzuki A. 
 ◆ 雑誌:The EMBO Journal (2017) 36: 1227-1242         

 ◆ 横浜市立大学のウェブサイトでの紹介ページ
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/res_pro/news/10170324.html



2017. 4 関東学院大学経済学部非常勤講師新井智一先生が平成28年度出版刊行助成により、「大都市圏郊外の新しい政治・行政地理学 -米軍基地・環境・ジジェンダー-」 を日本評論社より刊行。出版にあたりメッセージをいただきました。

  <新井先生からのメッセージ>

東京大都市圏郊外の地方自治体の政治・行政について、おもに議会資料を用い、その地域的特徴を明らかにする研究を行っています。貴財団より出版刊行助成をいただけたことで、政治・行政地理学という耳慣れない分野の本を、社会科学系で実績の高い出版社から刊行することができました。地理学の学会でも刊行助成は行われていますが倍率も高く、その一方で貴財団の助成は横浜市内の大学に在勤の非常勤講師にも門戸の開かれている大変ありがたいものでした。この場を借りて厚くお礼申し上げます。        



2017. 2 横浜市立大学都市社会文化研究科 客員研究員 楠田弥恵先生 
平成28年度出版刊行助成により、「知的障害者雇用において特例子会社に期待される役割」 を出版。2016秋からハワイ大学で one semester 共同研究へ。

<楠田先生からのメッセージ>

知的障害者雇用について研究しております。平成26年度に研究助成をいただき、特例子会社を対象に、知的障害者雇用に関する質問紙調査、現地取材を実施することができました。
この実証を土台のひとつとして、学位請求論文「知的障害者雇用において特例子会社に期待される役割」を提出し、平成27年度、博士号(学術)を横浜市立大学より授与されました。
さらに、平成28年度には刊行助成をいただき、上記博士論文を学術研究出版より上梓することができました。
これらの実績により、おかげさまでこのたびハワイ大学障害学センターより招聘を受け、平成29年度秋学期one semesterを visiting scholarとして共同研究する予定です。
貴財団からの助成に心より感謝する次第です。        



2015. 6  横浜市立大学国際総合科学部 柿崎一郎教授の『都市交通のポリティクス -バンコク 1886~2012年-』が第40回交通図書賞を受賞

<柿崎先生からのメッセージ>

2013年度に貴財団の出版助成をいただいて京都大学学術出版会より出版された『都市交通のポリティクス バンコク 1886~2012年』が、2015年3月に第40回交通図書賞(歴史)を受賞することができました。現在学術書の出版環境は大変厳しく、貴財団の出版助成をいただけなければ出版は実現せず、このような賞をいただくこともできませんでした。改めて御礼申上げます。

 ◆ 著書に関する京都大学学術出版会のサイトはこちらです。

◇ 柿崎先生の受賞歴及び過去5年間の主な研究業績はこちらです。             



2014. 9  横浜市立大学関本奏子助教の研究成果と受賞歴


横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科助教関本奏子さんは、平成18年度に「研究助成」、平成21年度と26年度に海外渡航費助成を受給しています。これまでの研究成果に対する受賞歴についての情報です。

<研究成果に関する最近の主な受賞歴> (※2006年からの受賞歴一覧はこちらから)

1.       Jan D. Skalny’s Award (the Best Oral Presentation Award), “Ionization of organic compounds using negative atmospheric ions formed in atmospheric pressure corona discharges”, 19th Symposium on Application of Plasma Processes (Vrátna, Slovakia, January, 2013) 

2.      2009年度横浜市立大学 学長賞,横浜市立大学(2010年3月,横浜)

<問合せ、情報ご提供連絡先>

公益財団法人横浜学術教育振興財団
住  所  〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
電話/FAX   045(787)2396
メール    yokogaku@hamakko.or.jp

トップページへ